スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SURFING

「SURFING」

ここ最近、波がない・・・
というか、波乗りと呼べるほどの波に当たってない。
普段、湘南でサーフすることが多いので、ビックサイズはあまり得意ではない。
年間を通して、平均サイズは「ひざ~もも」程度。
ビックデー以外、多少のウネリが入っても「腰~胸」サイズ。
「頭」サイズを超えてくると、ビーチではクローズしてしまう可能性も高い。
この環境で日々、サーフしていると大きな波の免疫ができづらい。
いわゆる、波のサイズに対する ”慣れ ”
技術的なところもあるが、やはり慣れの部分も大きい。

サーフィンにおいて、メンタルの占める割合は、かなり大きい。
調子の良いときは、気分も乗り、何をしてもうまくいく。
逆に、何もかもがうまくいかない時も・・・
この調子を左右する要素、「波」
ブレイクの仕方、波質とサイズ。
よく「同じ波はふたつとない」とは聞くが、確かに事実で
例えば、スキーやスノーボードのように数時間ないし数日間
同じコンディションのゲレンデで滑るのと違い
一本一本、ブレイクの違う波を相手とするサーフィンは
反復練習は、なかなか難しいシチュエーションである。
まして、流動的な波を相手に潮の動きや風、他のサーファーなどなど
刻々と変化する中で、ほんのわずかなライディング中の練習となる。

「サーフィンは上達が遅い、むずかしい」
当然な話かもしれない。
とにかく、波があろうと無かろうと、数多く海に入る。
刻々と変化するコンディションに、臨機応変、頭でなく体で対応できるように。

何度も海に入り、練習を繰り返していると
今まで練習していたことが、偶然にでもできてしまう時がくる。
チャンスだ・・・
波と、自分の動きが、たまたま合ってしまったのかもしれない
「まぐれ」なのかもしれない
でも、僕は「まぐれ」で十分だと思っている。
”偶然、まぐれ”
テンションもグッと上がり、何かをつかんだような感覚になる時
もう一度できそうだと思うこと
これがメンタルに作用して、自信にもつながる。
大事なのは、「できる」と思うことでは?
できないかも・・・と思ってやると、必ず失敗する。
テイクオフでパーリングか、ノーズライドで水中へがオチだろう。

海に入る前、波を見る。
サイズアップした「頭~頭オーバー」

少しドキドキしながら、パドルアウト
迫りくる波と格闘しながら、沖のアウトサイドへ

やってくる波とタイミングを合わせながら

「自分なら、できるー!」ってね !?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

本当にその通りだよねv-218
プロフィール

トモ

Author:トモ
サーフィングッズ販売
BLUE in Groove 

URL:
http://blueingroove-surf.com/
e-mail: mail@blueingroove.sakura.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。