スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Classics

しかし、寒い
のっけから何だが、急発進の冬本番である。
まだまだ体は冬の備え?心構え?が出来ていないので一段と寒く感じる。
未だ「入り口」だというのに・・・

私事近況だが、DCEL SURFBOARDSのオーダー分がシェイパーより到着。
あとはお客さんのほうが気に入ってくれれば納品に
これで時間的に、年内のオーダーボード納品は最後か・・・?
2010年も残り僅かとなってきたが、今年モデルとして発売された6モデルの傾向
一番人気は 「フィッシュ」だった。昨今のオルタナティブボード人気の表れか?
海でもミニスワローからレトロフィッシュまで目にする機会も多くなった。
小波や厚めの波などスラスターの薄いショートボードでは厳しい状況でも
それらを横目にスイスイ乗ることができる。
事実、オーダーのお客さんは「小波用」として "この手"を求める人がほとんど
また、ロングボーダーのセカンドボードとして所有する人も多い。
ロングボーダーもたまには軽やかに波に乗りたくなるものだし、ある種
ロングボードにフィードバックできる練習や刺激、お遊び的要素も期待できる。
そしてもう一点、ツインやクアッドなどのフィンタイプ、長さ、幅、厚みなど選択の幅も広く
色・柄も豊富にラインナップされている。
一本持っているとかなり便利で遊べる。そのあたりが人気のひみつなのだろうか。

ロングボード、オルタナティブボード問わず
カラーパターンは、ダントツで「ブラック&手描きボーダー」が人気だった。
ブラックのピグメントでラミネートされたボードは、かなりクールで美しい
太陽熱を吸収しやすいなどのマイナス面はあれど、それ以上のインパクトがある。
そもそも、直射日光の下にサーフボードを置きざりにするサーファーなど、あまりいない。
日を遮るところに置けば、熱吸収などはあまり関係ないのではないか。

さて、来年度はどんな流行の傾向になるか・・・?

ジョエルチューダーの出現から、ロングボードブームが訪れレトロ系が流行った。
真っ黒なウェットスーツにビーバーテールなども復活
その流れから、レトロフィッシュやハル、シモンズなどの個性的なボードたちも復活
それはそれで、定着し定番化した感はあるが、やや「一昔前」になりつつある。
最近は、ロングボードでも軽く薄いボードでマニューバーを刻む姿も見かける。

現在は、一昔前のように皆が「右向け右」の個性の無い時代ではなく
それぞれが好きなものを着て、好きなものに乗り、好きなラインを描く時代。
そこには「流行廃り」もあるが、自由に純粋にサーフィンを楽しんでいる感じがする。
とっても "良い時代"
僕も先日、マイボードを作るにあたりシェイパーと打ち合わせした。
以前にも書いたとおり、これまで散々迷っていた「マイボード計画」なのだが
シェイプルームにあったレストア中の「マリブ」を見て、迷いは晴れた、、、

「ザ・クラシック ロングボード」

決定である!






スポンサーサイト
プロフィール

トモ

Author:トモ
サーフィングッズ販売
BLUE in Groove 

URL:
http://blueingroove-surf.com/
e-mail: mail@blueingroove.sakura.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。